eriママの日記
4児の母eriママの日々の奮闘を綴る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体交はとても大事なんです
看護助手の仕事 
 
  
看護助手の仕事には色々な仕事があります。 
その中で、特に使われる用語をeriママ風に説明したいと思います。
 

褥瘡(じょくそう)
 
一人で起きあがる事が出来ず長い間、一方向(片方)だけ向いて寝て居ると体の出ている部分(骨)に圧迫がかかり、血液の流れが悪くなり組織が死んで腐敗してしまいます。褥瘡が出来やすい部分は主に、臀部(お尻)、背中、腰骨、肩、かかとなどです。
  

体交(たいこう)   褥瘡にならない様に横向き(左右)仰向けに体の向きを変えてあげます。
 

仰臥位(ぎょうがい)  仰向けに寝ている姿勢
 

横臥位(おうがい)  横向き(左右)に寝ている姿勢 
 
と、特に使う用語の説明でした。
 

私の仕事の中でも褥瘡予防の為、時間を決めて体交を行ってます。

二方向(左右にしかなれない方)  
三方向(仰向け、左右になれる方)と患者さんによって方向は違います。   

中には、臀部の褥瘡がひどくクレーターの様に丸く穴が開いて、骨が見えている患者さん、かかとの腐敗がひどくやむなく、切断しなければならない患者さんも居るのです。
 
その様な状態にならない為にも体交は、とても大事な仕事だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
履歴から来ました。
大変な仕事なのですね。
テレビで、声だけで寝返りをうてるベッドというのがありましたが、
ああいうものがもっと普及してくれたらと思います。
2006/02/24(金) 08:23:50 | URL | アフィリエイトだけで生活する男 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。