eriママの日記
4児の母eriママの日々の奮闘を綴る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近明けは結構ハイテンション
 夜勤明けの休みのeriママです。 明けというのは夜勤の次の日のことをさすのですが、明けの日はかなりハイテンションになっているのです。 なんせ、ほとんど寝ていないわけですから。

帰ってきてから普通通りの生活をすることで、ちょっと狂っている体内時計を戻すことにしております。なぁ~んて、たまにはビール飲んで寝ちゃうんですけどネェ~(´⌒`;)。


 

 本来なら、仕事を始めて3ヶ月目から夜勤が入るのですが、以前にもこういう仕事に携わっていたもので、2ヶ月目から夜勤に入ることになりました。

夜勤を始めた頃は、帰ってきてから睡眠をとらないと全く機能を果たさなくなっており、明けで帰ってきてから夕方の5時くらいまで眠っていました。たまにnoguさんが帰ったのを知らずに寝ていたこともありました(笑)。


平日なら誰もいないのでぐっすり眠れるのですが、学校が休みになるとそりゃあ寝てなんかいられません。クラブに行くからお弁当作って~とやら、息子のおかぁさ~ん、100連発やら、etc・・・etc・・・

その点、noguさんは協力的で、温泉行こうか?などと気を使ってくれたりするわけで、ありがたく思ってます。




さて、YUクンのこと。

手術も無事に終わり、病室に戻ると同室の子供達お母さん達の、YUクンお帰り~、頑張ったね~。えらかったね~。と言う励ましの声。
YUクンもeriママも元気をもらった思いでした。

泣いてばかりじゃいけない、YUクンの方が私より数倍辛いんだから。


YUクンは、まだ意識朦朧としている状態です。ベットに寝かせようとするのですが、なかなか横になろうとしません。何とか宥めて横にしたのですが、まだ口の中に血が溜まってくる状態なのです。そのあふれ出る血を飲み込むことが出来なくてトレイに血を吐き出すのです。

何とか落ち着いたかに見えたのですが、あふれ出る血と唾液を飲み込むことも吐き出すことも出来なくなり呼吸困難に陥ってしまったのです。

術後の経過を見に来ていた先生がインターンの若い先生でした。だんだん青ざめていくYUクンを見てその先生あたふたしてしまって、全然指示を出してくれません!

先生!殺す気ですか!早く何とかして下さい! eriママ切れました。

それでも先生はオロオロしているばかり、こんなに苦しんでるのにどうして何も指示を出してくれないの(怒、怒、怒)。

看護士さんも指示を待って先生を見るのですが・・・

たまりかねた看護士さんは先生の指示を待たずに口の中を吸飲してくれました。お母さん、もう大丈夫ですから、無理に寝かせなくても良いので、お母さん、良かったらだっこしててあげてくださいね。 ありがとうございます(涙)。

YUクンを抱きしめながら、完全に切れているeriママは、先生をにらみつけ、出てって!何も出来ないなら出てって!見てるだけなら誰にでも出来る!と泣きながら叫んでいました。

たった今、痛くて辛い思いをしてきたばかりだというのに、青ざめていくYUクンを見てあたふたして何も出来ない新米先生が憎くて憎くてたまりませんでした。


その後、その先生は一度も病室に現れませんでした。せめて、すいませんでしたの一言があっても良かったのにと今だから思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。