eriママの日記
4児の母eriママの日々の奮闘を綴る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よだれは出るのですよ
5日間の勤務を終えやっと休日を迎えたeriママです。 今月いっぱいは仕事の内容とか流れを教わるので、毎日日勤で土日が休みです。 来月からは中頃から夜勤が入りますし、お休みが何時になるのかシフト表をもらわなければ分かりません!

 看護助手の仕事自体は好きな仕事なので、毎日楽しくやっているのですが、さすがに“女”ばかりの職場ですから人間関係やらなにやら・・・・・・(><)!



 noguさんとeriママはよく二人でお風呂に入り(一緒に湯船にはつかれないのですが・・・)、子供達のことやら、これからのことなんかを話しするんです。 家の中で本当に二人っきりになれるのはお風呂だけなんです(泣)
子供達の話しで、みんなには聞かせたくないような話しもするのです。 しかし! それがなんと全部筒抜けになっていたのです??? お風呂場って、結構声が響くでしょ(笑)。 最近まで気付かなかったんですよネェ~。 私たちがナイショで話している事は全部聞かれていたようです。 かえってそれがよいのかもしれないなぁ~などと思ったりもしています。 この習慣はこれからも続けていけたらいいナァ~と思っています。



 さて、息子の話に戻ります。

 息子は3歳から保育所にはいるようになりました。 すぐに同い年の子供達とお友達になり楽しくやっている様子でした。 eriママは本当に大丈夫なのかと心配でした。

 一番心配だったのは、口の縫合手術はしたのですが、上顎にあいた穴を閉じる手術をまだしていないため鼻と口が繋がっている状態だということです。

 ものを食べても、食べたものが穴に入ってしまいくしゃみが出るんです。 くしゃみが出ると食べたものが鼻から勢いよく飛び出してしまいます。 

 鼻から息をするのが困難なのでいつも口が半開きで、いつもよだれをたらしているのです。 洋服を1日3~4回は取り替えなくちゃならないくらい、ベチョベチョなんです。

 家ではいつもよだれかけをしていたのですが、本人が恥ずかしいかと思い保育所にはつけていかないようにしていました。 でもさすがに何回も着替えさせなければいけないのと、常に上の服だけが汚れるので、 保育所でもよだれかけをしましょうということになりました。

 息子はいやがったのですが、何とか説得し、よだれかけをして保育所に行くことになりました。eriママはとても不安でした。 みんなと違うのだからいじめられるのではないだろうか・・・と。

 保育所では、息子の担当の保育士がお友達に説明をしてくれたのですが、まだまだ理解できませんからネェ~。 でも保育士は、子供達もみんな分かったといってくれたので様子を見ましょうと言ってくれました。

 1ヶ月くらいは何事もなく過ぎ、安心していました。 でも、やはりかなりのストレスがあったようです。 ある日お友達と大喧嘩をしたらしいのです。 もうよだれかけをするのはイヤ! 保育所へは行かない! と言いました。 息子は一度だっていじめられたとか、喧嘩したとか言ったことがなかったんです。帰ってきても楽しかったことしか話しませんでした。 

 でも話を聞くと、「お前よだれたらすし、鼻からご飯出るし、何しゃべってんのかわかんねぇーし」 「きたねぇ~」 eriママが聞いてもショックを受けるようなことを言われていたみたいなんです! 小さな息子はさぞ傷ついたでしょう・・・一生懸命に頑張っているのに・・・(泣)

 保育士には、YUクンは我慢強くて、友達をかばったりして、とても優しいがんばりやさんなんです! と聞きました。 それは親としてはとても嬉しく、たのもしく思えるのですが。

 でもお友達は自分と違う息子をなかなか理解は出来ないのでしょう。 もちろん理解するのは難しいことです。 ただ、そんなお友達もいるのだと、哀れみではなく、優しい思いやりの気持ちが育っていってくれたらと・・・でもそれはなかなか難しいことですよね。

 保育所を何日かお休みすることになりました。 

 一週間ぐらい家にいた息子は自分から保育所へ行きたいと言い出しました。 まだまだ、辛い目にあうのだろうね! 頑張って! 頑張って!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。