eriママの日記
4児の母eriママの日々の奮闘を綴る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もちろんビールはやめられません!
今日、昨日、一昨日とマッタク雪掻きな3日間でした。 まあ、雪掻きしたのはnoguさんなんですけれど。今日はさすがに手伝いましたけれどもね。本当に想像を絶する雪の量です!  
 昨日は息子がスキーに行きたいとの要望で、noguさんと息子は地元のスキー場へ。 その間eriママは洗濯のしどうしでした。なんといっても大人数ですから! 一向に洗濯物が減らないんです、なんと言ってもこの時期乾かないですから(泣)。

 せっかくのお休みですから本当はゴロゴロゴロゴロゴロゴロしていたいのですが・・・なかなかそうも行きません。 洗濯をしながら、今日の夕ご飯は何にしよう・・・そんなことばかり考えています。

 昨日は上の姉ちゃん2人がジュニアリーダーの研修でお泊まりでした。 2人居ないとちょっとは食費が浮くんですよネェ~。 女の子だからたいして食べないと思われるでしょうけれど、実は実は侮れないものがあります。 2人とも痩せの大食いなんですよね。 やはり食べ盛りなんです。 eriママはデブの少食なんですが・・・^^;   noguさんは、eriママはたいした食べないのに何でそんなに大きいのだ? みたいなことを言うんです。 やっぱり晩酌のビールのせいかしらネェ~。 でもそのビールが1日の疲れをとってくれる唯一の楽しみなんですから、やめられません(^^ ;



 息子は保育所を1週間ほど休んだ後、自分から保育所に行くと言い出しました。 ドキドキの1日のスタートです。 保育所まで送り、 ホントに大丈夫? うん!大丈夫YUクン強いから!って。 なんか、また涙が出そうになっちゃって。 eriママは仕事に向かいました。 でも心配で心配で、 でも、一番泣き出したいのは息子なんだと。

 息子が休んでいた一週間の間、色んな事が話し合われたようです。 息子が他の子ども達とは少し違うんだと言うこと、 どうして、よだれが出たり、食べ物を吐き出してしまうのかと言うこと、 お友達もその親御さん達もずいぶん真剣に息子のことを理解する努力をしてくれていたようなんです。 

 仕事を終えて、はやる気持ちをおさえながら急いで息子のもとへ! 息子はeriママの顔を見るとニコニコして楽しくみんなと遊んだよ!って! なんか気が抜けたような気持ちになってしまいました。 こちらの心配をよそに一週間ぶりにお友達と楽しい1日を送った息子なのでした。 eriママは本当に嬉しかったのです。 この調子で保育所の生活をやっていけたら。 私も安心して働くことが出来ますもの。 皆さんに感謝感謝です。 そして強い息子に本当に感謝です。
スポンサーサイト
よだれは出るのですよ
5日間の勤務を終えやっと休日を迎えたeriママです。 今月いっぱいは仕事の内容とか流れを教わるので、毎日日勤で土日が休みです。 来月からは中頃から夜勤が入りますし、お休みが何時になるのかシフト表をもらわなければ分かりません!

 看護助手の仕事自体は好きな仕事なので、毎日楽しくやっているのですが、さすがに“女”ばかりの職場ですから人間関係やらなにやら・・・・・・(><)!



 noguさんとeriママはよく二人でお風呂に入り(一緒に湯船にはつかれないのですが・・・)、子供達のことやら、これからのことなんかを話しするんです。 家の中で本当に二人っきりになれるのはお風呂だけなんです(泣)
子供達の話しで、みんなには聞かせたくないような話しもするのです。 しかし! それがなんと全部筒抜けになっていたのです??? お風呂場って、結構声が響くでしょ(笑)。 最近まで気付かなかったんですよネェ~。 私たちがナイショで話している事は全部聞かれていたようです。 かえってそれがよいのかもしれないなぁ~などと思ったりもしています。 この習慣はこれからも続けていけたらいいナァ~と思っています。



 さて、息子の話に戻ります。

 息子は3歳から保育所にはいるようになりました。 すぐに同い年の子供達とお友達になり楽しくやっている様子でした。 eriママは本当に大丈夫なのかと心配でした。

 一番心配だったのは、口の縫合手術はしたのですが、上顎にあいた穴を閉じる手術をまだしていないため鼻と口が繋がっている状態だということです。

 ものを食べても、食べたものが穴に入ってしまいくしゃみが出るんです。 くしゃみが出ると食べたものが鼻から勢いよく飛び出してしまいます。 

 鼻から息をするのが困難なのでいつも口が半開きで、いつもよだれをたらしているのです。 洋服を1日3~4回は取り替えなくちゃならないくらい、ベチョベチョなんです。

 家ではいつもよだれかけをしていたのですが、本人が恥ずかしいかと思い保育所にはつけていかないようにしていました。 でもさすがに何回も着替えさせなければいけないのと、常に上の服だけが汚れるので、 保育所でもよだれかけをしましょうということになりました。

 息子はいやがったのですが、何とか説得し、よだれかけをして保育所に行くことになりました。eriママはとても不安でした。 みんなと違うのだからいじめられるのではないだろうか・・・と。

 保育所では、息子の担当の保育士がお友達に説明をしてくれたのですが、まだまだ理解できませんからネェ~。 でも保育士は、子供達もみんな分かったといってくれたので様子を見ましょうと言ってくれました。

 1ヶ月くらいは何事もなく過ぎ、安心していました。 でも、やはりかなりのストレスがあったようです。 ある日お友達と大喧嘩をしたらしいのです。 もうよだれかけをするのはイヤ! 保育所へは行かない! と言いました。 息子は一度だっていじめられたとか、喧嘩したとか言ったことがなかったんです。帰ってきても楽しかったことしか話しませんでした。 

 でも話を聞くと、「お前よだれたらすし、鼻からご飯出るし、何しゃべってんのかわかんねぇーし」 「きたねぇ~」 eriママが聞いてもショックを受けるようなことを言われていたみたいなんです! 小さな息子はさぞ傷ついたでしょう・・・一生懸命に頑張っているのに・・・(泣)

 保育士には、YUクンは我慢強くて、友達をかばったりして、とても優しいがんばりやさんなんです! と聞きました。 それは親としてはとても嬉しく、たのもしく思えるのですが。

 でもお友達は自分と違う息子をなかなか理解は出来ないのでしょう。 もちろん理解するのは難しいことです。 ただ、そんなお友達もいるのだと、哀れみではなく、優しい思いやりの気持ちが育っていってくれたらと・・・でもそれはなかなか難しいことですよね。

 保育所を何日かお休みすることになりました。 

 一週間ぐらい家にいた息子は自分から保育所へ行きたいと言い出しました。 まだまだ、辛い目にあうのだろうね! 頑張って! 頑張って!
看護助手の仕事を始めました
今月の6日から仕事も変わり、慣れないながらも頑張っているeriママです(^^)
12月まではコンビニエンスストアーのパートの仕事をしていたのですが、人件費削減とかなにやらでパート時間を減らされてしまい、このままではとてもとてもnoguファミリーは食べていけませんので、仕事を探していました。 病院の看護助手の募集があり、以前に特別養護老人ホームで働いていたこともありましたので、面接を受けに行きこの6日から看護助手の仕事に就くことが出来ました。 来月からは夜勤も入ってくるので、noguさんや子供達にももっともっと色々協力して貰わなければなりません。

 食器洗いや洗濯だって、今まで全部eriママがやっていましたが、特に子供達に手伝って貰わなくては困るのです! 事前には言ってあったのですが・・・いやはや相変わらずですね~(T T) 今のところは!
 これで、夜勤が入ってきたら本当に大丈夫なのかしら???  子供達が協力してくれなければnoguさんに負担がかかってしまうので心配です。 一家の大黒柱に倒れられたらそれこそ大変ですからね~。 何とか子供達をコントロールしながらやってみようと思います。


 さて、息子の話に戻りますが、2週間の入院生活を終え、気持ち的にも少しは余裕ができたeriママ。
早速お買い物デビュー!  お友達や、ご近所の方達は 息子が産まれたことは知っていますが、息子の顔を見るのは初めてです。 まして、口唇口蓋裂で産まれたことも知りません。
 
 そういうときに限って、近所でも有名なおしゃべりおばさんに会ったりするんですよね~(笑)

「あら~、しばらくねぇ~、元気だった~、赤ちゃん大きくなったわねぇ~」
「あら、どうしたのお口!」 おばさんったら眉間にしわを寄せて息子を見ているじゃありませんか!
「口かい? 生まれつきなのさぁ~、2~3日前に手術して帰ってきたのさぁ~」
「それは大変だったねぇ、したらまだまだかかるんでしょ~」
「そーなのさぁ、成長に合わせて治療するからねぇ~」
「そうかい、大変だけど頑張って大きくするんだヨォ~」
「はい。ではまた~」

 あのおばさんのことだから色々尾ひれを付けて人に喋るんだろうナァ~、症状のことちゃんと説明できないだろうナァ~、また人に会ったら一から説明しなきゃならない。説明しても分かってもらえるだろうか・・・・・
 足早にその場を離れましたが、 色んなことが頭を駆けめぐり、買い物もせずに帰って来てしまいました。

 でも、以前のような気持ちになってはいけない。 堂々と外に出ようと決めたんだから! 余裕!余裕!と思い直しました。

 次の日もその次の日も、何処へ行くにも息子を連れて歩き、会う人会う人に説明をし続けて。 人の噂も何とやらで、そのうちに誰も何も言わなくなってきました。 でもその間は精神的にも肉体的にも辛かったです。
多分eriママと同じ様な境遇にいる親御さんもいると思いますが、 最初の辛い時期を抜ければ、なんて言うかもう どんと来い! みたいな感じになり、へっちゃらになります(笑) そう、最初だけです。

 人の噂や、言葉に躊躇せず、まだまだ家族みんなで頑張らなきゃと思うeriママです。
YUクン、全財産紛失!
明けましておめでとうございます。 今年もnoguさんの日記ともどもよろしくお願いします。

さて、元旦そうそう我が家は賑やかなものです。 noguさんとeriママ、そして息子の3人で町内にある温泉に行きました。 息子は温泉に財布に入れた全財産を持っていったみたいなんです(今まで貯めていたものとお年玉全部で9千円!) それをどこかに置き忘れたみたいなんです(><) 気が付いて見に行ったのですがすでになくなっていました(泣)。 息子はショックのあまり大泣きです! ショックですよね~せっかく貯めたものを全部無くしたのですから。 家に帰ってからnoguさんとnoguバアちゃんにほぼ全額補充して貰いなんとか機嫌を直しました。 元旦そうそうお金は無くするは、大泣きするはで、この一年間どうなることか思いやられます^^;

 
 その息子の1ヶ月検診は、今からもう6年も前のことになります。
 病院に行けばたくさんの人達と会わなければいけません。息子はなんにも悪くないのにやはり普通の子供とは違うという気持ちがeriママにあり、病院の待合室の一番端っこに座りました。 誰もそばに来ないで・・・そんな気持ちでした。 でもやっぱりそんなわけにもいかず小さい女の子が赤ちゃん見せて~と。 女の子は息子を見るなり、変な顔~って・・・ やはりショックでした。 その後は本当に周りの目が気になり、診察を受けるまで悲しく辛い時間でした。 こんなに可愛いのにね~、みんな変だよね~と語りかけながら涙が出ました。

 検診では、そんなeriママの気持ちには関係なく、 順調に育っています。このまま体重を増やして、手術の日を待ちましょうね。と診察されました。 そう、息子は順調に育っているのです。

 家に戻ってから、病院での出来事が思い出され、何とも言えない気持ちに陥ってしまい、 その後何ヶ月かは家を出ることが出来なくなってしまいました。 人に会うことが苦痛だったのです。 口だけでも縫合すれば連れて歩ける。 こんな思いもしなくていい・・・ ただただ、手術の日を待つ毎日でした。

 ついにその日が来ました。 その間家族には色々と苦労をかけました。 本当に感謝感謝です。
入院した病室には色々な症状のお子さんがいました。 息子よりもまだまだ大変な症状のお子さんもいるんです。 合併症で、長く生きられない子! 目が見えない子! 耳が聞こえない子! 本当にたくさんの子供達が入院しています。 でもみんな必死に生きているんです。 本当にたくさんの子供達が。 それに比べたら息子の症状なんて、本当にたいしたことがないんだ。 もっと苦労している子供達、親御さんがいるんだ。 eriママがしっかりしなければ息子が生きていけないじゃない。 もっと強くならなくっちゃ。

 無事、口の縫合手術も終わり、術後の回復も順調で2週間で病院生活を終えることが出来ました。 これからは人になんと言われようと、堂々と外出しようと思いました。 なんと言ってもeriママの大事な子供なんですから。 私が臆していてはこの子がかわいそうだと、 そう思えるようになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。