eriママの日記
4児の母eriママの日々の奮闘を綴る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口唇口蓋裂 二年生になったYUクン
ご無沙汰してますeriママです。

YUクンも、二年生に進級!!
毎日、元気に自転車で駆け回っております。

今月は運動会もあり本人的に、とても頑張って居る様です。
何を頑張の?と聞いたら、踊りを頑張る・・だ!そうです。(><)

eriママも、noguさんも、徒競走と答えが返って来ると思いきや!!
踊りを頑張るとのYUクンのコメント!!(**)

 
しかし、よりによって踊りとは・・・
まぁ~!何でも頑張る事は良い事だと・・noguさんとeriママ納得!! 


運動会まで、後10日足らず!! 
元気に、頑張って欲しいものです。


口唇口蓋裂 受診

つい先日、口唇口蓋裂の受診に行って来ました。
体も大きくなり、成長と共に治療をする為!!本当に長くかかります。


先日の受診で、これからは、歯の「矯正」をしていきましょう。
と言われました。


しかし、歯を矯正するによって、上顎の塞いだ所が広がって来る為
矯正をしたままなのか、終わってからなのか解りませんが


二年後に、穴を塞ぐ手術と、歯茎の土台の手術をしないといけません!!
と言われました。土台の手術の事は前々から聞いてはいたのですが・・
 

YUクンは、生まれ付き歯茎が繋がっていなかった為、歯も左寄りに生え
左の鼻が潰れています。


さ程、気にはならないのですが、近くで見たり!鏡を見ると良く分かります。
YUクンも今は!言わないのですが、小さい時には良く聞かれたものです。


その度に、大丈夫でしょう~!何でも無いよ!とYUクンに言って来ました。
本当は、何も解決してないんです。 


「何をどお」答えて良いのか分からないのです。ただ、ただ! 
その事を言われ無い様に、eriママ!逃げていたんだど思います。


歯の矯正は、今通って居る病院では無く!病院から指示された矯正歯科に通います。前は、矯正の先生が来て病院でもやって居たのですがと言われました。


YUクンの健診も終わり、診察が終わり次第!矯正歯科に行って下さい。
今度の健診は11月にしましょう。今手紙を書きますからお待ち下さいと・・


しかし、eriママ病院までの道なら分かるのですが、矯正歯科までの道順!!
全く分かりません(++)


その間、看護士さんに地図を書いて貰い!分かった様な分からない様な(??)しかしそんな事は言ってられません!!


ありがとうございましたと!!YUクンとeriママ、先生と看護士さんにお礼を言い、診察室を後に・・・!


「eriママ」歯医者にレッツゴー!!「YUクン」おぉ~!!と・・・
言ったまでは良かったのですが・・ママ~YUクンお腹空いたァ~(><)


あっちゃ~(><)eriママ!行った事もない道を行くので、つい!ハイテンションになちゃって、お昼ご飯の事なんてすっかり忘れってちゃったんです。


YUクン~!ごめんごめん!!取り合えずご飯にしよう~!病院の食堂へ・・
遅い昼食になりましたが、ラーメンを食べました(^^)美味しかったです。


さぁ~お腹も一杯になったし、行こうかぁ~YUクンと思い腰(おしり)を上げ
書いて貰った地図を手に・・・

 
ハラハラ!ドキドキ!ハンドルを握る手に汗・・矯正歯科発見!!しかし駐車上を見つけ駐車するのは良いのですが、駐車するのにこりゃまた大変(><)


いつも病院以外の運転は、noguさんにおまかせぇ~なのでeriママ!!
超~大変なんのです(**)でも、やれば出来るんですv(^^)v



矯正歯科診察

矯正の先生は、長い月日がかかりますよ、お母さん!!しばらくは、1ヶ月に一回で良いです。あとは、治療を見て二ヶ月、半年に一回となって行きますからと先生!!


でもその前に、この治療は高額医療になりますので
「自立支援医療制度」を最寄りの保健所に申請して下さいとの事!!


以前、YUクンが産まれた時に「育成医療制度」に申請したのですが!四月から医療制度が変わった為、新たに名前の変わった「自立支援医療制度」を提出
しなければなりません。


その通知が、矯正歯科とnogu家に届いた時点で、診療日を決めましょう。
との事でした。


今までの診察料は、所得によってのものでした。
先生のお話では、三割負担では無いかと話しておられました。

 
三割と簡単に言われちゃいましたけど・・どうなることやら・・
でも、YUクンの為ですから、泣き言なんて言ってられません。
 

noguさんも、eriママもがんばるのみ!!です!!
その通知が来てから、本格的にYUクンの矯正は始まります。










 




 


 
スポンサーサイト
合格発表
合格発表!!

二女の受験も終わりやれやれのnogu家
二日間の受験を終えリラックスムードの二女!

受験どうだったぁ~と聞くと、まぁ~余裕だったねぇ~!
でも、面接の時「噛んだ」さぁ~とアッケラカン~と・・・

ちょとは、緊張したんだと「ホッ」とするnoguさんとeriママ!!
親の心子知らずとは、家の二女でした(><)

3月17日!待ちに待った合格発表!!
10時にクラス全員で高校前に集まり、発表を見る事になってたらしく

いつもより早起き!と言っても8時半!!
朝シャンから始まり、何処をどう磨いてるのか?30分!!身支度終了~

じゃ~行って来るねぇ~と元気良く出かけて行きました。
10時ちょっと過ぎ・・・!

二女から合格したよぉ~とeriママにはメールが届き!noguさんにはTEL!!
エェ~(><)eriママもTELが良かったァ~

これってどうヨォ~~~(TT)




YUクンの事

術後の経過も良く、二週間で退院する事が出来ました。
その後、一週間は自宅療養!!

一週間後!eriママもそうそう仕事をお休みする事が出来ないので
YUクン、明日から保育所へ行こうねとeriママ!!

「YUクン」応答無し!聞こえて居るのに「うん」と返事は返ってこず
あまり、行きたがらない様子(><)

しばらく、保育所をお休みしていたせいもあり、足の向かないYUクン!
eriママ!YUクンに言いました

保育所に行ったら、お友達沢山待ってるよォ~
など、色々言い聞かせたのですが・・・

次の日、足取りの重いYUクンの手を引き保育所へ・・・
とても不安そうなYUクン!!

保育所の玄関では、eriママの後ろに隠れて前に行こうとしないYUクン!
そのやり取りを見ていた、担当の先生がこちらに向かって来ます。

YUクンおはよぉ~、元気にしてたかい?○○組のお友達!YUクン元気かなぁ~?早く一緒に遊びたいなぁ~って言ってたよォ~! とYUクンをうながしてくれます。

その時!YUクンがライバルと目しているお友達がYUクンめがけて走ってきて、オォ~!YU遊ぶべぇ~!と一言。

それまでeriママの後ろでモジモジしてたことなんか無かったかのように、うん! そのお友達と手を繋いで嬉しそうに駆けていきました。

しばらくYUクンの遊びを見ていると先生が、お母さんには言っていなかったのですが、お友達にYUクンがしばらくお休みすること、手術をすること、病気のことを話したそうです。

その話を聞いた子供達は、YUクン大変なんだね、手術してかわいそう、痛いんだろうねと・・・ YUクン元気になって帰って来たらいっぱい遊ぶんだ~!そう言ってくれたのだそうです。

子供は子供なりに色々と考えているのでしょうね。


我が家の受験生
今年、nogu家二番目のお姉ちゃんの高校受験が七日、八日とありました。
1ヶ月前!半月前!受験前日!私達(親)の心配をよそに余裕の二番目!!

受験当日!いつも朝ギリギリで朝シャンなのに、この日ばかりは早く目が覚めたと見え、淡々と身支度中・・・

朝ご飯を終え、それでも余裕ありの顔をしているので「お姉ちゃん大丈夫なの?」と聞くと!大丈夫なわけないしょやぁ~!緊張してるってぇ~(><)

そうなんだぁ~!いつも余裕!余裕って言ってたから緊張しないんだなぁ~と思ってたんだよって言うと!そんな訳ないじゃ~ん!

お姉ちゃんだって緊張するってぇ~と・・・ やはり彼女は彼女なりに緊張してたんですね! まっ!頑張って来るわぁ~と受験会場へ向かって行きました。




YUクンの事


鼻に入っていた管を抜いてから三日後・・・
YUクンは管を自分で抜いた事、食べられなかった事など、全くというくらい忘れて居る様子!!何かあったの?みたいな顔してます。

そんな元気なYUクンを見て!あの大変だったeriママの二日間は何だったのだろうと・・(??)

元気なのが一番なのですが、しかし本当に元気良すぎて超~大変!!(><)
元々、体が動かないと言う事ではないので、体を持て余すのは当たり前なんですよね(**)


朝6:00起床!!といっても起きるわけがありません。(eriママも・・)
取り合えずYUクンの体温を計りウトウトzzz~

一人、二人、と同室の子供達も起き出して居る様子・・あぁ~もう起きなっくちゃ~と・・・YUクン!YUクン!と呼んでは見たのですが応答無し・・!
ふと横を見るとYUクン居ません(**)

あら~?あれ~と言うeriママの声を聞き、同室のお母さん達!!
何、も~遊びに行っちゃったよぉ~!それよりeriママ良く寝てたねぇー
疲れてたんだべさぁ~!と・・・(><)
バレンタインデー間近
世の中では、バレンタインデー一色のようで・・・

我が家でも、夜な夜なチョコ作りに励んでるんです! 娘達が・・・!!
noguさんとeriママが寝静まった頃を見はからって作ってる様です。

作るのは良いのですが、その後の片付けの半端な事やら!冷蔵庫を占領されるやらで 迷惑なのはeriママなのです(><)

だって、チルドに入れておいたお肉は出されているし、つぶれるような食材の上に物を乗せているし・・・今朝も娘と言い争いです!

もう、チョコ固まってるから部屋に持って行ってと言うと、溶けちゃう!時間ないもんと、結局チョコはそのまま冷蔵庫の中!!
あっ!それから今日クラブないから、お友達とチョコ作るから台所貸してねぇ~と学校へ行ってしまいました。

イヤ~せっかくeriママお休みなのにぃ~・・・


eriママにも覚えはありますが、親に迷惑をかけない様にしたんだけどなぁ~
と思っていても、私が忘れているだけなのかも知れませんね!

noguさんには、チョコではなく(甘い物あまり好まないので)何にしようかといつも悩みますが、結局お酒類なんですよね!!




YUクンのお話です。

手術後YUクンほ、鼻から胃まで長い管が入ってました。声帯の手術なので、傷口がしっかりする1~2日の間食べる事が出来ないため流道食になると手術前に説明されたのです・・・
でもそんなのYUクンには、わかるはずがありません!

ただ、いずく、じゃまらしいのです。何度引き抜こうとした事か(><)
でもやっぱりその管を半日で引き抜いてしまったんです!!
それはも~大変です。すかさず!看護士さんに、ナースコール!!  はい!どうしましたぁ~?

すみません~ 管抜いてしまいましたぁ~(泣)
コールの向こうでは「あらぁ~大変」いま行きますと・・・


パタパタパタ・・・看護士さんの足音、その後からもう一つの足音。 先生(主治医)だたんですね~。

おぉ~、やっぱり抜いたかぁ~。 と、あっさり。

eriママ的には食べられないし、お腹空くだろうし、また管を入れなおすのだろうかと心配です。

しかし先生は、抜いてしまうことがわかていたように、多少困ったような顔をしていたのですが、YUクンの口の中を見て、お母さん、また入れなおすということも大変なので入れるのはやめましょう。ただし、柔らかい物、プリン、ヨーグルト!後は病食で行きましょう!

eriママ的には本当にその方が良かったのです。だって、YUクンいやがっていましたし、先生が大丈夫と言ってくれたので安心しました。

YUクンは、じゃまくさい物がなくなったのでニコニコして嬉しそうです。

夕食、ご飯の形すら見えない水粥です。おかずはミキサーをかけているのでなにやら正体不明。臭いをかいで何なのかは分かりましたが、やはり形のない物というのは食欲をそそらないのでしょう。一向に食べてくれません。

だって、それはそうです。刺激物はダメなので味がほとんど付いていないのですから。

仕方なくヨーグルトを食べさせることに・・・

なかなか飲み込むことが出来ず、ヨーグルト一つ食べるのに一時間ほどかかってしまいました。 30分後にはお腹が空いた~と泣き出すのです。


YUクンとeriママの戦いはまだまだ続くのでした。
最近明けは結構ハイテンション
 夜勤明けの休みのeriママです。 明けというのは夜勤の次の日のことをさすのですが、明けの日はかなりハイテンションになっているのです。 なんせ、ほとんど寝ていないわけですから。

帰ってきてから普通通りの生活をすることで、ちょっと狂っている体内時計を戻すことにしております。なぁ~んて、たまにはビール飲んで寝ちゃうんですけどネェ~(´⌒`;)。


 

 本来なら、仕事を始めて3ヶ月目から夜勤が入るのですが、以前にもこういう仕事に携わっていたもので、2ヶ月目から夜勤に入ることになりました。

夜勤を始めた頃は、帰ってきてから睡眠をとらないと全く機能を果たさなくなっており、明けで帰ってきてから夕方の5時くらいまで眠っていました。たまにnoguさんが帰ったのを知らずに寝ていたこともありました(笑)。


平日なら誰もいないのでぐっすり眠れるのですが、学校が休みになるとそりゃあ寝てなんかいられません。クラブに行くからお弁当作って~とやら、息子のおかぁさ~ん、100連発やら、etc・・・etc・・・

その点、noguさんは協力的で、温泉行こうか?などと気を使ってくれたりするわけで、ありがたく思ってます。




さて、YUクンのこと。

手術も無事に終わり、病室に戻ると同室の子供達お母さん達の、YUクンお帰り~、頑張ったね~。えらかったね~。と言う励ましの声。
YUクンもeriママも元気をもらった思いでした。

泣いてばかりじゃいけない、YUクンの方が私より数倍辛いんだから。


YUクンは、まだ意識朦朧としている状態です。ベットに寝かせようとするのですが、なかなか横になろうとしません。何とか宥めて横にしたのですが、まだ口の中に血が溜まってくる状態なのです。そのあふれ出る血を飲み込むことが出来なくてトレイに血を吐き出すのです。

何とか落ち着いたかに見えたのですが、あふれ出る血と唾液を飲み込むことも吐き出すことも出来なくなり呼吸困難に陥ってしまったのです。

術後の経過を見に来ていた先生がインターンの若い先生でした。だんだん青ざめていくYUクンを見てその先生あたふたしてしまって、全然指示を出してくれません!

先生!殺す気ですか!早く何とかして下さい! eriママ切れました。

それでも先生はオロオロしているばかり、こんなに苦しんでるのにどうして何も指示を出してくれないの(怒、怒、怒)。

看護士さんも指示を待って先生を見るのですが・・・

たまりかねた看護士さんは先生の指示を待たずに口の中を吸飲してくれました。お母さん、もう大丈夫ですから、無理に寝かせなくても良いので、お母さん、良かったらだっこしててあげてくださいね。 ありがとうございます(涙)。

YUクンを抱きしめながら、完全に切れているeriママは、先生をにらみつけ、出てって!何も出来ないなら出てって!見てるだけなら誰にでも出来る!と泣きながら叫んでいました。

たった今、痛くて辛い思いをしてきたばかりだというのに、青ざめていくYUクンを見てあたふたして何も出来ない新米先生が憎くて憎くてたまりませんでした。


その後、その先生は一度も病室に現れませんでした。せめて、すいませんでしたの一言があっても良かったのにと今だから思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。